Adobe Photoshopデータ

入稿いただいたAdobe Photoshopデータを元に加工イメージをお作りいたします。

バージョン Adobe Photoshop CC対応
カラーモード CMYK
ファイル形式 PSD EPS
文字・ロゴの解像度 原寸サイズで150dpi〜300dpi
写真・イラストの解像度 原寸サイズで200dpi〜300dpi

データの作成と指示

(1)デザイン作成は実寸サイズで解像度150〜300dpi。

Adobe Photoshopで入稿する場合は、実寸サイズで解像度150〜300dpiのデータを作成してください。
写真やイラストなどの画像をプリントで使用する場合は、解像度が低いと綺麗にプリントすることが出来ません。ご注意ください。
実寸サイズでの作成が難しい場合は、希望サイズをご指示ください。各ウェアのマーキングサイズは下記をご参照ください。
Photoshopで画像の解像度を確認する方法
(1)メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択すると、画像解像度ウィンドウが開きます。
(2)ウィンドウ内の画像解像度ウィンドウします。
  • メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
    (1)メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
  • フォントがアウトライン化されます。
    (2)画像解像度ウィンドウ内の解像度を確認

(2)カラーモードは「CMYK」にする。

新規にファイルを作成する場合は、新規ウィンドウでカラーモード「CMYK」を選択。
デザインデータをお持ちの方はメニューから「イメージ」→「モード」を選択し、カラーモードを確認。
RGBにチェックが入っていればCMYKに変更する。
  • メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
    (1)メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
  • フォントがアウトライン化されます。
    (2)画像解像度ウィンドウ内の解像度を確認

(3)フォントをラスタライズする。

アルファユニ指定のフォント・書体以外のフォントを使用している場合は、必ずラスタライズをしてから入稿をお願いします。
ラスタライズされていないと弊社でデータを開いた時に、他のフォント(書体)に書き換えられ正しく表示されません。
弊社指定フォント・書体を使用した文字をデザインデータに追加する場合は、位置と文字サイズ・フォント(書体)をご指示ください。
  • メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
    (1)メニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択
  • フォントがアウトライン化されます。
    (2)画像解像度ウィンドウ内の解像度を確認

(4)希望のカラーで着色。

ホワイト・レッド・ブラックなど2色以上のカラーを使用する場合は、希望カラーで着色してください。入稿データのカラーを元に加工イメージを作成いたします。
データのカラー変更が難しい場合は、アルファユニでカラーを変更いたします。位置とカラーをご指示ください。

(5)デザインの希望・画像修正の指示をする。

デザインのバランスや文字の大きさなどの修正依頼をする場合は、箇所をご指示ください。
指示は詳しく書いていただくと、希望デザインに近い加工イメージが作成できます。

線の太さと文字サイズ

加工イメージを作成時にお客様のご希望マーキングに合わせて、アルファユニで線の太さや文字サイズを調整致します。
デザイン内で線の太さと文字サイズの指定をする場合は、ご指示ください。

線の目安
線はプリント・刺繍ともに約0.7mmが線の太さの限界となります。
文字サイズ目安
フォント(書体)により表現できる限界サイズが異なりますが、各マーキングの文字サイズ目安は以下の通りです。
プリント:1文字の高さ 約4mm
刺繍(ネーム・有り文字刺繍を覗く):1文字の高さ 約5mm
  • 線の細さ
    線の細さは0.7mmが限界
  • 文字サイズの高さ
    文字サイズの高さ
TOP