プリント加工品お洗濯の注意

プリント入り製品のご使用前に必ず以下の洗濯に関する注意事項をご確認ください。

プリント製品の避けるべき洗濯方法

プリントは熱に弱いため、リネンサプライヤーによる業務用洗濯をおこなった場合、短期間でプリントが剥離してしまいます。
業務用洗濯をお使いのお客様には、洗濯耐久性や加工消耗度などを考慮した上で、刺繍加工をおすすめしております。
また、避けるべき洗濯方法によりプリントが剥離した場合、弊社としては一切の責任を負いかねます。

リネンサプライヤーによる業務用洗濯(摂氏40度以上での高温洗浄、および業務用乾燥機による高温乾燥)
家庭用洗濯乾燥機による高温乾燥
ドライクリーニングによる洗濯
プリント部分に対するアイロン仕上げ
洗濯表示マーク1

避けるべき洗濯方法で行った場合、お客様から「どのくらいの洗濯頻度で剥がれるか?」という質問をいただきますが、国内にある繊維製品検査機関において、業務用洗濯によるプリント剥離試験というものが存在しません。業界内で非常に厳しい洗濯検査基準と言われている、大手販売店やスポーツメーカー基準についても、あくまで家庭用洗濯と自然乾燥によるものです。そのため、業務用洗濯による剥離の程度について正確な回答、品質の保証ができません。

プリント製品の洗濯方法

家庭用洗濯機による洗濯(摂氏40度以下)
製品に付いている洗濯表示をご確認の上、お洗濯ください。
自然乾燥(直射日光を避ける)
洗濯表示マーク2

インクジェットプリント加工後の臭いについて

インクジェットプリントは加工上、酸味の臭いが始めしますが洗濯後や風通しの良い所で2~3日掛けて置きますとなくなります。
また、身体への害はございません。ご安心ください。
TOP