写真・画像データ

入稿いただいた写真・画像データをアルファユニでトレース・成形作業を行い、加工イメージをお作りいたします。
写真・画像データをそのままお使いになる場合は「画像の解像度」をご確認の上、ご入稿ください。

  • ご入稿いただいた画像
    ご入稿いただいた画像
  • アルファユニで指定カラーとフォントで成形
    アルファユニで指定カラーとフォントで成形

データの作成と指示

(1)ファイル形式を確認する。

入稿できる写真・画像データのファイル形式はpsd・eps・tiff・jpg・gif・pngとなります。お持ちのデータの拡張子をご確認ください。
拡張子とはファイル名の後に付くドットと3〜4文字です。(例:ファイル名.jpg)

(2)画像の解像度を確認する。

入稿可能解像度は、マーキングサイズ原寸で150~300dpiです。
ホームページなどでダウンロードした画像(jpg・gif・png)は、ディスプレイでは綺麗表示されますが、多くは低解像度(72dpi)の画像です。実際にプリントすると画像が荒く、デザインデータとして使用できません。写真・画像データをそのまま使用する場合は、高解像度の画像をご用意ください。
Windowsで解像度を確認する方法
(1)解像度を確認したい画像アイコンを右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」を選択。
(2)プロパティダイアログが開いたら、上部タブメニューの「詳細」を選択。
(3)イメージ項目の「水平方向の解像度」「垂直方向の解像度」で解像度の確認が出来ます。
  • アイコンを右クリックして「プロパティ」を選択
    アイコンを右クリックして「プロパティ」を選択
  • 詳細のイメージ項目で解像度を確認
    詳細のイメージ項目で解像度が確認出来ます
Macで解像度を確認する方法
(1)「プレビュー」アプリケーションで、解像度を確認したい画像を開きます。
(2)メニューから「ツール」→「サイズを調整…」を選択。
(3)解像度の確認が出来ます。
  • メニューから「ツール」→「サイズを調整…」を選択
    メニューから「ツール」→「サイズを調整…」を選択
  • 解像度の確認が出来ます
    解像度の確認が出来ます
「理想とした綺麗なプリントに仕上がるか」「貧祖なプリントに仕上がるか」は、画像の解像度で決まります。
画像の解像度はディスプレイで見ただけでは判断できませんが、実際にプリントした場合は解像度の高い画像と低い画像では仕上がり方が大きく変わります。
解像度が高いとディスプレイで見ている画像と変わらない綺麗なプリントが可能ですが、解像度が低いと画像が粗くなり、線や被写体のエッジ部分がギザギザになった貧祖なプリントになります。
プリンターで画像を出力すると一目瞭然な解像度
解像度の詳しい説明をするより1番簡単な確認の方法は、プリンターでお手持ちの画像をプリントアウトしてみることです。 プリントアウトされた画像が綺麗であれば「解像度が高く」、粗ければ「解像度が低い」という結果になります。
  • 解像度300dpi画像
    実際にプリントした解像度300dpi画像
  • 解像度72dpi画像
    実際にプリントした解像度72dpi画像

(3)文字を追加する場合は、追加位置とフォントを指示する。

画像データに文字を追加する位置と文字サイズ、フォント(書体)をご指示ください。

(4)カラーを変更する場合は、変更位置とカラーを指示する。

画像データでカラーを変更する位置とカラーをご指示ください。

(5)デザインの希望・画像修正の指示をする。

デザインのバランスや文字の大きさなどの希望、画像の修正箇所をご指示ください。
指示は詳しく書いていただくと、希望デザインに近い加工イメージをお送りすることができます。

線の太さと文字サイズ

加工イメージを作成時にお客様のご希望マーキングに合わせて、アルファユニで線の太さや文字サイズを調整致します。
デザイン内で線の太さと文字サイズの指定をする場合は、ご指示ください。

線の目安
線はプリント・刺繍ともに約0.7mmが線の太さの限界となります。
文字サイズ目安
フォント(書体)により表現できる限界サイズが異なりますが、各マーキングの文字サイズ目安は以下の通りです。
プリント:1文字の高さ 約4mm
刺繍(ネーム・有り文字刺繍を覗く):1文字の高さ 約5mm
  • 線の細さ
    線の細さは0.7mmが限界
  • 文字サイズの高さ
    文字サイズの高さ

撮り方のポイント

明るい場所で、被写体とスマホやデジカメを水平し、真上からピントを合わせて撮影すると綺麗に撮影できます。
蛍光灯の真下ではなく、斜め下で撮影すると影が入りにくいです。
布を撮影する場合は、生地を平に均してから撮影してください。
  • 被写体とカメラを水平にする
  • 真上から撮った写真
    真上から撮った写真
  • 写し方が斜めになっている写真
    <NG>写し方が斜めになっている
  • 写真がぶれている
    <NG>写真がぶれている
  • 被写体が小さい写真
    <NG>被写体が小さい
TOP